Fandom

エバークエスト2 Wiki

Game Update 56

17,149このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

パッチ情報  > Game Update 56

<
55
ゲームアップデート56
Halas Reborn
(2010/05/26導入)
>
57
関連ページ
この基本/拡張セットのカテゴリ
クエスト コレクション
シリーズ アチーブメント
アイテム ゾーン
ロア インスタンス
NPC 重要地点
モンスター 場所発見地点
ネームド ランドマーク
最近の更新

フィーチャー編集

ニューハラス編集

災厄と戦乱で滅びたノースマンの街、ハラス… 極寒のフロストファング海に浮かぶエロリッシ島に、その名にちなんだ新たな街、その名もニューハラスが誕生しました! もとは戦いに鍛えられた北のドワーフの村でしたが、勇気の神 Mithaniel Marr に祝福され、このたびノーラスのシャッタードランドと結びつきを取り戻したのです。ブッチャーブロックの港に足を運べば、ニューハラスを目指す巡礼者たちに会えるでしょう。ニューハラスをホームに選んで新規キャラクターを作った場合、スタート地点はエロリッシ島の小さなキャンプ、ピルグリム・ランディングとなります。

アイシーキープ:報復編集

4つのレベル90+ダンジョンと、そこにまつわるクエストが新登場。手頃なチャレンジをお楽しみいただけます。アイシーキープに入る新たな方法を見つけたフロストフットたち。それを待ち受けていたのは、氷の乙女たちだった… フロストフットの Snarf、Gerbi ほか、新たに孵化したアイスドラゴン、 Vrewwx が登場! 23人の仲間を集め、氷のダンジョンを攻略せよ!

地底界の深淵編集

大地の奥底に、強大なエレメンタルの軍団が集結中! 激しい戦いが繰り広げられています。地底界の深淵で生き伸びることができるのは、最も強いレイドパーティのみとなるでしょう。

ストーリーライン編集

クエストジャーナルの一番下に、新登場の「ストーリーライン」タブが追加されました。ストーリーラインウィンドウは、ノーラスで繰り広げた冒険のリマインダ的な働きをします。さらに、ストーリーラインウィンドウは、新たな冒険のヒントにもなっています。 ストーリーラインは、ステータスによって色分けされています。

  • 金色:そのストーリーラインに属するクエストを、1つも受けていない状態を表します。
  • 白:そのストーリーラインを少し進めている状態を表します。最初のクエストを受けただけ、という状態も含まれます。
  • 灰色:そのストーリーラインに属するクエストを、すべて終わらせている状態を表します。

冒険に関する各種改訂編集

 皆さんの冒険の最適化を目指し、各種の変更を導入しました。

  • 別のロケーションへの移動に、新しいインターフェイスを使用するようになりました。
  • テレポーテーション / ベル / ソコカー / 馬 / グリフォン etc. で移動先を選択する際、地図を使うようになりました。
  • 行き先をダブルクリック、または選択してOKをクリックするだけで簡単に移動することができます。.
  • ワールドテレポーテーションディスプレイの使用時にロケーションにマウスオーバーすると、対象エリアの想定レベルとバックグラウンド情報が表示されます。
  • ベル / カーペットによるゾーン移動を一本化しました。異なる大陸のベルがリンクしました。どういうことかというと、ネクチュロスのベルでは6ヵ所にしか移動できない、ということがなくなりました。すべてのベルがノーラス中のベルとリンクしています。ケイノスとフリーポートの域内を移動するために使われていたベルは、トラベルマップで直接つながるという点を覗いて、変更はありません。
  • ドルイドポータルは、「祝福されたシュラベリー(Blessed Shrubbery)」が なくても利用できるようになりました。
  • 祝福されたシュラベリーは、Tunareの祝福を授かったことで、プレイヤーを他のドルイドリングに移動させてくれるようになりました。
  • トランスロケートはプレインのシンボルを必要としなくなりました。
  • トランスロケートのポータルは、プレイヤーをボーンマイアとバーレン・スカイの正しくない地点に移動させていましたが、これが訂正されました。
  • プレインのシンボルは、ベンダーのリストから取り除かれました。
  • ソコカーポストはソコカー(アイテム)を必要としなくなりました。ソコカークエスト(生産 or 冒険)を完了させているか否かのみをチェックするようになります。この変更は以下のゾーンに影響を及ぼします。
    • チャードック
    • ジャルサスの荒野
    • クィロン・プレーン
    • クンツァー・ジャングル
    • ナスサー沼沢
  • ソコカーポストの使用にあたり、実際に行ったかどうかを問われなくなりました。この変更は以下のゾーンに影響を及ぼします。
    • ジャルサスの荒野
    • クィロン・プレーン
    • クンツァー・ジャングル
    • ナスサー沼沢
  • 以下のゾーンについて、行先オプションに内部ゾーンが追加される前に、クエストをこなしたり実際に行ったりする必要がなくなりました。従来のアクセスクエストは消滅したわけではなく、 任意で受けられるようになっています(内容に若干変更あり)。
    • ネクチュロス・フォレスト
    • サンダリングステップ
    • シンキングサンド
    • ピラー・オブ・フレイム
  • ブッチャーブロックに出入りし、ティモラス・ディープ or ダークライト・ウッドにつながる空の道について、若干の修正を加え、地理的により適切なものになりました。
  • 以下のクエストに修正が加えられ、報酬としてコインが得られるようになりました。
    • グリフォンの卵を求めて NFタワー編 (Griffon Egg for the Nektulos Tower Stations)
    • グリフォンの卵を求めて TSタワー編(Griffon Egg for the Steppes Tower Stations)
  • 以下のゾーンは、内部ゾーンの選択肢が追加されるか新しい行き先が追加されました。
    • スチームフォント
    • ゼック島
    • フィーロット
    • エンチャントランド
    • エバーフロスト
    • グレーター・フェイダーク
    • ネクチュロス
  • ウィザードのテレポーテーションで到達できるすべてのスパイアについて、戦略的テレポーターができました。いずれもネットワーク全体につながっています。影響を受けるゾーンは以下の通りです。
    • グレーター・フェイダーク
    • イキーシャ湿原
    • クィロン・プレーン
    • テネブラス・タングル
    • ボーンマイア
    • バーレン・スカイ
  • すべてのコール系呪文は、詠唱時間が10秒に短縮されました。影響を受ける呪文は以下の通りです。
    • コール・オブ・オーバーロード(Call of The Overlord)
    • コール・オブ・ケレティン(Call of Kelethin)
    • コール・オブ・ケイノス (Call of Qeynos)
    • コール・オブ・ゴロウィン(Call of Gorowyn)
    • コール・オブ・ネリアック(Call of Neriak)
    • コール・オブ・へイヴン(Call of Haven)
    • コール・トゥ・ギルドホール(Call to Guild Hall)
    • コール・オブ・ロー(Call of Ro)
  • ギルドホールのベルアメニティに変更が加えられました。
  • すべてのベルが一本化されたので、それぞれの外見を変更しました。
  • シンキングサンドのカーペットは、ベルと同じような働きをするようになりました。…が、世の中の絨毯マニアの皆さんのため、外見はそのままで変わりません。


PvP ウォーフィールド(PvPサーバのみ)編集

  • アントニカとコモンランドが、再び激戦の戦場になりました!
    • ウォーフィールドは、グッド対エビルのファクションベースのイベントです。レベル10から参加できます。
    • イベントの最後に、参加賞として「不和のトークン(Discord Tokens)」を入手できます。勝利した陣営は、さらにボーナストークンを得られます。
    • このイベントはアントニカで発生し、2時間後にコモンランドに移動、そして30分続きます。
    • 戦いの幅を広げるため、アントニカとコモンランドのゾーンが10レベル単位に変更されました(従来は4)。
  • イベントの説明…攻撃側
    • 戦闘開始10分前に、グリフォンタワーの近くに3つ、城門の近くに1つ、計4つの塔がスポーンします。
    • イベント開始時、塔には5つのガーディアン像がありますが、攻撃側はこれを破壊する必要があります。守備側は、塔のガーディアンに干渉することができません。
    • 塔のガーディアンは強力な魔法で守られていますが、一定のレベルのプレイヤーに対しては無防備です。ガーディアンごとに異なる守りの呪文がかかっており、色で見分けることができます。
      • 紫のガーディアンは、レベル31以上のプレイヤーからダメージを受けます。
      • 青のガーディアンは、レベル51以上のプレイヤーからダメージを受けます。
      • 緑のガーディアンは、レベル71以上のプレイヤーからダメージを受けます。
      • 赤のガーディアンは、すべてのレベルのプレイヤーが攻撃できます。
      • 白のガーディアンは、他のガーディアンが全滅するまで攻撃が通じません。
      • 白のガーディアンが撃破されると、塔が崩壊します。
    • 4つすべての塔が崩れると、攻撃側の勝利です。30分が経過した時点で1体でもガーディアンが残っていた場合、包囲攻撃は失敗となります。
  • イベントの説明…守備側
    • 4つの塔の崩壊を阻止します。
    • 守備側は、包囲攻撃の開始前に10分の準備時間を与えられます。30分間、4つの塔を守ってください。
    • 30分経過する前に塔のガーディアンが全滅した場合、その時点でイベントは終了となります。

PvP 全般編集

  • PvPサーバで呪文&アビリティを調べた際、PvPチェックボックスはチェックなしがデフォルト になりました。
  • PvPチェックボックスは、PvPとPvEでアイテムの説明が異なるときのみ表示されます。
  • PvP Crit 軽減力は、ペルソナウィンドウのラインから、タフネスのツールチップに移動しました。
  • PvP戦闘の呪文ダメージが、全クラスで最大15%増加しました。
  • 新ステータス:PvP クリティカル軽減力
    • これは、プレイヤーが他のプレイヤーに対して放つ攻撃にのみ働くクリティカル軽減力です。
    • タフネスは PvP クリティカル軽減力にボーナスを発生させます。
  • PvPサーバでスタートすると、初期状態はレベル30、AA経験値は100%です。消費できるAAポイントに制限はありません(以前はレベル x 1.5ポイントの制限がありました)。
  • PvPサーバでの戦闘経験値取得をOFFにすると、 他のプレイヤーを倒した際も経験値が入らなくなりました。
  • 軽減力(物理 / エレメンタル / アーケイン / ノクシャス)のツールチップに、PvPダメージの軽減量も表示されるようになりました。注:プレイヤーには、PvPダメージに対して若干のボーナスが発生しますが、このパーセンテージにはそのボーナスが含まれています。
  • /yellのコマンドを使用しても、攻撃側があなたを倒してPvPクレジットを獲得するのを妨げられなくなりました。

PvP アイテム編集

  • 以下のアイテムはクリティカルヒットを発生させなくなりました。
    • 「グレイヴエレメンタル・アフリクション(Grave Elemental’s Affliction)」及びそのアップグレード
    • 「バーニング・アフリクション(Burning Affliction)」及びそのアップグレード
    • 「マジカル・アフリクション(Magical Affliction)」及びそのアップグレード
  • 「赦しのルーン(Rune of Absolution)」は、全タイプの有害エフェクトをディスペルするようになりました。また、チャージが5回になりました。
  • 「恐るべき軽石(Pumice Stone)」は全タイプの有効エフェクトをディスペルするようになりました。
  • 「トーレント(Torrent)」と「ペスティレンシャル・レイン(Pestilential Rain)」は、射程が無制限ではなくなりました。
  • 「ストーンウィル(Stonewill )」は、PvP戦闘では20秒に1度しかトリガーしなくなりました。
  • 「ディバイン・ガイダンス(Divine Guidance)」は、PvP戦闘ではトリガー数の減少ではなく、持続時間の短縮になりました。
  • ストーンウィルは、PvP戦闘では、再使用タイマーではなく、量が低下するようになりました。
  • 「壮大なる提督のチェイン(Grand Admiral’s Chain)」の「コンバット・エクスパティーズ(Combat Expertise)」は、「提督のチェイン(Admiral’s Chain )」のプロックと区別するため、「壮大なる」が追加されました。
  • 「マッシブ・コンカッシブ・ショック(Massive Concussive Shock)」は、PvPでは射程が無制限ではなくなりました。

PvP 呪文&アビリティ編集

  • アサシンの「シャドウ・ステップ(Shadow Step)」は、PvP戦闘ではダメージが減少するようになりました。
  • バーサーカーの「バトル・フレンジー(Battle Frenzy)」は、PvP戦闘で使用すると、トリガーが10になりました。
  • クレリックの「ディバイン・ガイダンス(Divine Guidance)」は、PvP戦闘では1人につき10トリガーになりました。
  • ガーディアンの「インプルーブド・モデレーション(Improved Moderation)」:1) PvP戦闘では、あなたが攻撃するプレイヤーが時々あなたをターゲットするようになり、グループメンバーを攻撃していたプレイヤーは、時々ターゲットを見失うようになりました。2) PvPでは、グループメンバーにバフがかかるようになりました。
  • 「バトル・ハードニング(Battle Hardening)」のようなアビリティの、フラットなダメージ軽減は、PvP攻撃では50%しか減少させなくなりました。また、PvP攻撃ダメージをゼロにできなくなりました。その代わり、「ラストマン・スタンディング(Last Man Standing)」のようなアビリティとスタックするようになったので、ダメージを与えることに失敗することも、依然として起こりえます。…が、以前ほど頻繁には発生しません。

PvP シティタスク令状編集

  • 令状がアップデートされ、全レベルの報酬が等しく割に合うものになりました。
  • すべてのタスクの要求討伐数が6になり、得られるトークンが5つになりました。

PvP 商人編集

  • Scions of War が新たな装備を販売するようになりました。また、すべてのスタート都市で利用できるようになりました。
  • 以前いたファクション商人は全員異動になり、彼らが扱っていたすべての防具は Scions of War 印の不和のヴィンテージウェアになりました。
  • 価格に改訂が入り、レベルごとの装備をそろえるのが楽になりました。
  • 一部のポーションを覗き、すべてのアイテムが家宝属性になりました。

PvP トークン編集

  • フェイダーク / クナーク / 虚無 / オーダスのトークンに変わり、トークンが1つに一本化され、不和のプリーストに財布が追加されました。
  • GU53以前のトークンは、新登場の不和のトークンに変換されます。一度にすべてのトークンを交換することも可能です。
  • 通貨が一本化され、不和のトークンになりました。
  • その他のすべての通貨は、不和のプリースト経由で交換可能です。
  • 交換比率は1:1です。一度に5、あるいは100交換できます。
  • 新しいトークンは家宝アイテムになり、従来のシャッタードランドの不和のトークンと置き換えられます。このため、このトークンの交換バッグは存在しません。

PvP ポーション編集

  • 「不和の涙(Tear of Discord)」は命中( Accuracy )が3上がります。
  • 「不和のエッセンス(Essence of Discord)」はクリティカルボーナスが3上がります。

PvP マウント

  • 「混沌エネルギーのディスク( Disk of Chaotic Energy )」はスピードが70になりました。
  • 「不和の予知ディスク(Discord's Prescient Disk)」はスピードが70になりました。
  • 「不和の忍耐ディスク(Discord’s Enduring Disk)はスピードが70になりました。

シェーダー 3.0編集

『エバークエスト II』がシェーダー 3.0をサポートするようになりました。お使いのGPUで、より鮮やかな、より深みのある描写を処理できるようになります。この機能をONにするには、サポートされたビデオカードで、[表示]オプションの[パフォーマンス]セクションにある「シェーダー 3.0」のボックスにチェックを入れてください。

注:シェーダー 3.0 は、現在 eq2.ini ファイル内の'r_aa_blit 1’ をサポートしていません。実行にあたっては、その前にこのラインを削除してください。

ストーンブラント高原編集

ストーンブラント高原に、新規クエストが多数導入されました。詳細は、Sous Chef Jailaya(ムーンフィールド・ハムレット)、Damodar (碩学のみささぎ) 、Felidael (ケジェクのキャンプ)ら、クエストギバーNPCにお尋ねください。

キャラクター特性編集

キャラクター特性について、レベル90まで段階的に取得できるようになりました。

一般編集

  • ファーシーズ商会は俎上に載せたくないようですが、アントニアの小島と覇王島の通常の航海ルートが変わりました。このため、プレイヤーのスタート地点がケレティン / ニューハラス / ネリアック / ゴロウィンの4ヵ所のみとなりました。
  • ケイノスとフリーポートがスタート都市から外れました。
  • クリティカル軽減力のステータスキャップが撤廃されました。
  • ポテンシーのステータスキャップが撤廃されました。
  • 『センティネルズ・フェイト』のレイドNamedについて、討伐時の AA経験値が増えました。
  • 武器の装備中にマウントを召喚すると、キャラクターが一瞬マウントの上に立ってしまうという問題がありましたが、これを修正しました。
  • サーバーコントロール型のマウント(アクティブマウントに似たようなもの)を使用すると、マウントが視覚的に見えなくなるという問題がありましたが、これを修正しました。
  • フライスルーのシークエンスの最中に最小化を実行するとクラッシュが起きてしまう問題がありましたが、これを修正しました。
  • マウント騎乗時にグループ幻術を使用すると、キャラクターがトップレスになる問題がありましたが、これを修正しました。
  • 複数のコピーが存在する時にギルドホールを購入すると、外部ゾーンの他のコピーではギルドホールを利用できなくなるという問題がありましたが、これを修正しました。
  • 防御 / 受け流し / 逸らしスキルをとても高い水準まで上げても、攻撃回避能力が低下しなくなりました。
  • 猛爆撃しつつ下方向に移動しながら周囲を見回しても、逆方向を向かなくなりました。
  • 海中で、敵の屍と宝箱が沈まなくなりました。
  • 主要都市のバーテンダーが、レベル90の冒険者にもアルコール飲料を売ってくれるようになりました。いろいろな思惑があるようですが、聞かぬが華というやつです。


UI編集

  • 回避力のツールチップは、通常のブロックとアンコンテストのProcの値を表示するようになりました。
  • スタミナのツールチップがアップデートされ、呪文耐性についての説明が詳しくなりました。
  • 死亡中のプレイヤーはUIを変更できなくなりました(これによって復活ウィンドウが消えます)。
  • 生産スキルのレシピのツールチップは、副産物の量を正しく表示するようになりました。
  • ホットバーキーと紐づいたマウスボタンについて、ホットバーの設定次第で表示テキストを短くできるようになりました。
  • 「マウントのレンダリング(Render Mounts)」のオプションが追加されました。
    • マウントのレンダリング:戦闘時にマウントを表示するかしないかを変更できます。マウントをまったく表示しないことも可能です。
    • このオプションは[表示] > [アニメーション]の位置にあります。


アメニティ編集

  • ギルドホールのアメニティ「訓練用ダミー収納箱(Training Dummy Supply Chest)」で、難易度の異なる各種ダミーを利用できるようになりました。
    • エピック級ダミーにレイドを挑めます!(ルート品は含まず)
  • 訓練用ダミー収納箱で、グループ訓練ダミーを利用できるようになりました。
  • ギルドホールのハンター専属契約者は、毛皮の他に、一定確率でレベル70 or 80の肉(プロビジョナー用素材)を持ち帰るようになりました。

アイテム編集

  • 絨毯、円盤、雲タイプの全マウントにグライド効果がつきました。
  • 「ブラッドゴージ・チョーカー(Bloodgorged Choker)」にレジストがつきました。
  • 「ポゼス・エッセンス(Possess Essence)」のペットに、アイテムの受動ペットバフが正しく適用されるようになりました。
  • 「フォーカス:ブルーザー系スタンス(Focus: Bruiser Stances)」のついたアイテムを装備すると、スタンスが落ちるようになりました。スタンスを新しくした時にボーナスが正しく適用されるようにする措置です。
  • 「トーレント(Torrent)」と「ペスティレンシャル・レイン(Pestilential Rain)」について、一定確率でラウンド毎のAEオート攻撃をトリガーするようになりました。
  • レベル90のすべてのレイド帽子に、追加エフェクトがつきました。
  • レジェンド・オブ・ノーラスのクロコダイルペットが攻撃不可になり、AE攻撃で死亡しなくなりました。
  • 「ロックアイロン・ナーヴ(Rockiron Nerves)」について、ダメージ軽減エフェクトを正しく1度だけ適用するようになりました。
  • レベル90のギルドマウントと『センティネルズ・フェイト』のファクションマウントは、スピードとバフが向上しました。
  • 『センティネルズ・フェイト』のヒロイックゾーンのレアドロップの多くについて、ムーンフィールド・ハムレットの Kaliba Des'Sers に声をかければ入手できるようになりました。
  • 『センティネルズ・フェイト』のヒロイックダンジョンについて、すべてのボスがレアドロップを落とすようになりました。
  • El’Arad 商人の襲撃者は、新しいアイテムを入手できるようになりました。
  • Tracker Coalbearの「クマの脅威のカフス(Cuffs of the Ursine Threat)」は、メイジも装備できるようになりました。
  • レベル80以上の生産アーマーに、黄色スロットのアドーンメントが追加されました。
  • ブルーのアドーンメントスロットについて、読みやすさに配慮し、テキストの色をダークブルーからライトブルーに変更しました。
  • レベル80以上の全タイプの生産アーマーに耐性を追加しました。
  • 「エル・アラドの杖“グラビティ”(Gravity, Staff of El’Arad)」の「グラビティ・フラックス(Gravity Flux)」は対象をテレポートさせなくなりました。
  • ナヤドの都市ニザーラ:「ルクサンヴォンの魔窟 第1巻(Necropolis of Lxanvon, Vol. I)」の1?5ページ目、「ルクサンヴォンの魔窟 第2巻(Necropolis of Lxanvon, Vol. II)」の1?5ページ目がトレード不可になりました。
  • 冒険レベル or 生産レベルが80以上で「イキーシャン・ウォーベアーの笛(Ykeshan Warbear whistle)」を使っても、マウントを召喚できるようになりました。
  • 「ベイン・ウォーディング(Bane Warding)」について、1秒以内にトリガーしていた場合、トリガーできなくなりました。また、修正が効かなくなり、クリティカルヒットも出なくなりました。 
  • 「エンシェント・インヴィゴレーション(Ancient Invigoration)」は2秒ごとにリジェネするようになりました(従来は3秒ごと)。
  • スタートエリアの商人から購入できる低レベルアイテムの多くは、購入価格が下がりました。
  • 「立派なブレイドストッパーバックラー(Brilliant Bladestopper Buckler)」の性能は、入手難度に見合ったものになりました。
  • 「完全な力のカフス(Cuffs of Definitive Power)」に「モルテン・カルナージMolten Carnage」 IV」がつきました。 
  • ティモラス・ディープの馬商人が新しいギルド用マウントを販売するようになりました。
  • アイテムエフェクト「ランカラス・アイア(Rancorous Ire)」がレジストできなくなりました。
  • ウォード・オブ・エレメンツ装備の入手について、以前のようなレベル要件がなくなりました。以前の防具のレベルに金銭コストが上乗せされました。型紙が必要ではなくなり、鋳型と虚無のシャードだけで高レベルの防具を購入できるようになりました。型紙を持っている場合、 Assilus というNPCと対応する鋳型とトレードできるようになりました。


ルート編集

  • ハードモードのコンテスト戦のドロップ品が向上しました。
  • チャレンジモードのボスの多くが、一定確率でノーマルモードのテーブルに加え、追加アイテムを落とすようになりました。
  • Maalus Imbued がレイドマウントを落とす確率が高くなりました。


呪文編集

  • 一部のコスメペットが信仰系ペットを上書きしなくなりました。
  • 信仰系ペットが、移動中も呪文を詠唱できるようになりました。
クレリック
  • リアクション型ヒールとダメージ呪文について、呪文の詠唱後にクレリックが恐怖 / 窒息 / スタン状態になっても、トリガーに失敗しなくなりました。
コンジュラー
  • 一部バージョンの Earthen Avatar について、外見が変更されました。

でファイラー

  • 「トライバル・スピリット(Tribal Spirit)」が正しくダメージ軽減を適用するようになりました。
エンチャンター
  • 「パラノイア(Paranoia)」と「メデューサ・ゲイズ(Medusa Gaze)」 は、消失時にダメージではなく、即時ダメージを与えるようになりました。
イリュージョニスト
  • 「ペルソナ・リフレクション(Personae Reflections)」について、プレイヤーに種族変身の幻がかかっている場合、反射のヘアスタイルと髪の色がランダムになる問題を修正しました。
パラディン
  • 「ディバイン・フェイバー(Divine Favor)」について、トリガーした後はキャンセルできなくなりました。
シャドウナイト
  • 「デスマーチ(Death March)」について、シャドウナイトがスタン / 窒息 / 恐怖状態の場合でも、「オンザマーチ(On The March)」が失敗しなくなりました。
ウォーデン
  • healing grove を壁の中に召喚できなくなりました。


代替アドバンスメント編集

ドルイド
  • 「トータス・シェル(Tortoise Shell)」がバックラーを必要としなくなりました。
ガーディアン
  • 「インプルーブド・モデレーション(Improved Moderation)」について、PvPサーバのPvP戦闘で正しく適用されるようになりました。両方のエフェクトを常時表示するようになります。
シャドウナイト
  • 「リーバー・マニア(Reaver’s Mania)」について、直接以外の方法で修正できなくなりました。
シャーマン
  • 「サモン・スピリットコンパニオン(Summon Spirit Companion)」を購入した場合、シャーマンは「シュリンク・サーヴァント(Shrink Servant )」を取得するようになりました。
  • スピリットコンパニオン:キャラクターが死亡し、復活した場合、アクティブなAAはドロップしなくなりました。
  • 「デイジング・バッシュ(Dazing Bash)」がバックラーを必要としなくなりました。
トルバドール
  • 「ソニック・インターフィアランス(Sonic Interference)」がダメージ呪文の持続時間を削らなくなりました。
  • 同じくソニック・インターフィアランスについて、継続ダメージ(小)を与えるようになりました。また、一定確率で6秒ごとにターゲットエンカウンターをインタラプトするようになりました。
ウィザード
  • 「ヘイルストーム(Hail Storm)」が対象に表示されるようになりました。


市民権編集

市民権の変更を希望する場合、<市民権変更係>の目的タグがついた大使(Ambassador)NPCに声をかけると、どうするべきか、どこにいくべきか、ガイダンスがもらえるようになりました。


クエスト編集

  • エビルを裏切り、グッドに転身したキャラクターは、 Henry Overwater というNPCからシティタスクを受けられるようになりました。
  • 「次元を超える戦い(A Cleansing This Temple Needs... )」:1) モブは、プレイヤーの実際のレベルではなく、憑依レベルに正しく反応するようになりました。2) クエストヘルパーのカウンターが正しく更新されるようになりました。
  • フューリーのエピック「栄光に至る道(Restored to Glory )」:「食人花根(mantrap root)」を採取で入手しなくてもよくなりました。どんな方法であれ、入手すればアップデートが起きるようになりました。注:すでに該当ステージに達している場合、修正が反映されません。
  • トルバドールのエピック「ヨアの炎を燃やせ(Feeding the Flame of Yore)」:「ゼゴナイトの塊(Xegonite cluster)」を採取で入手しなくてもよくなりました。どんな方法であれ、入手すればアップデートが起きるようになりました。注:すでに該当ステージに達している場合、修正が反映されません。
  • ウィザードのエピック「炎と氷:危機なるコデックス(Of Fire and Ice: A Codex in Crisis)」:クエストの3ステージ目が完了する前にページを削除してしまっても、再度ページを入手できるようになりました。
  • ウォーロックのエピック「 Kyrtoxxulous の意思(Will of Kyrtoxxulous)」:クエストの7ステージ目で要求されるアイテムは、購入 / トレード / 採取のいずれの方法で入手してもよくなりました。注:すでに該当ステージに達している場合、修正が反映されません。
  • ストーンブラント高原「エルディンの料理人(Erudin Chef)」: このクエストシリーズの最中、あるいは完了後、Chef Bahiyya のシチューを食すると、一時的なメリットが発生するようになりました。 
  • ブッチャーブロック山脈「 Trozuskの挑戦(Trozusk’s Challenge )」:クエストを受けると「挑戦者の角笛(Horn of Challenge)」を受け取るようになりました。
  • 「魂のジャムジャム(Jumjum for the Soul)」:若干ながら、クエストが 全体的にシンプルになりました。また、 Shakey scarecrow にアクセスしやすくなりました。
  • スチームフォント「月の発掘(Unearthing the Moon)」:グリックバーのクレーターが若干危険ではなくなりました。
  • エバーフロスト「Gunuk の腰帯(Girding of Gunuk)」:要求される討伐数が大幅に少なくなりました。
  • 「Dartainを追って:偵察( Footsteps of Dartain: Observation )」:エルダイトの投影像は、会話中に消滅しなくなりました。
  • 「さらわれたLucanを捜して(In Search of Lucan)」: Fyr’remd Lorak が会話中に姿を消さなくなりました。
  • 「Foombyの盗まれた持ち物(Foomby’s Stolen Goods)」: Bellendis Tempestcall の居場所の説明がより正確になりました。
  • ブッチャーブロック港の Dockmaster Waulon が、レベル17以上の冒険者にクエストを提示するようになりました。
  • 「ストームハンマーの瞳のシャード( Shards of the Eye of Stormhammer )」:シャードがかなり探しやすくなりました。
  • 「Dartainを追って:昇華 (Footsteps of Dartain: Ascension )」のクエスト報酬が若干アップグレードされました。
  • 「欺きのイメージ戦略(Sundered Simulacrum)」「大望遠鏡、もと暗し(Visual Obfuscation)」が正しく機能するようになりました。
  • ウィローウッド:幻術で他の種族に変身中のアイル・ダルは、 Daelyn Twinstar を騙せなくなりました。反対に襲われてしまいます!
  • ソコカーのクエストラインについて、冒険版と生産版の両方をこなせるようになりました(クィロン・プレーンの港の Borbin Happens と Assistant Jones から)。
  • ネリアックの Divimar G’Zule が、レベル50以上かついずれかのシティタスクを完了済みのプレイヤーに、クエスト「ドレッドガードの残業(The Dreadguard's Extracurricular Activities)」を提示するようになりました。「異端者の行動(Acts of Heresy)」 を完了していても同様です。
  • ザ・ホールのクエストをくれるペイニールのNPCに、目的タグが追加されました。
  • ザ・ホール:コンテステッドのJaelに日々のタスクを提出できなくなりました。
  • ヴィジラント号:救出 にて、「総隊長のフライト水晶(The Captain's Crystal )」 の3ステージ目(エスコートの部分)の途中でゾーンの外に出てしまった場合、もう一度 Jithir に声をかけるとエスコートを再開できるようになりました。
  • 「エレメンタルのコア集め」系クエストを受けているプレイヤーも、グループのルートオプションを「必要」に設定している場合、レジェンダリ以上のアイテムをルートできるようになりました。
  • ミラガルの聖柩:ジ・アナテマ
    • 以下のクエストのクエストカテゴリを修正しました。
      • 「形見で偲ぶ Miragul (Reminders of Miragul )」
      • 「ミラガル研究 パート2(Making Sense of Miragul, Part 2)」
      • 「ネクロマンティック・ネバーウェア(Necromantic Neverwhere)」
      • 「Nasinは何を企める(Watching the Nasins Further)」
      • 「打てば響くよソーサラーの魔力(A Sorcerous Tune)」

生産スキル編集

  • Londiar という人物が、アドーナーの協力を求めています。相手の所属都市は問わないようです。
  • 「冷えたザクロのアンブロシア(Iced Pomegranate Ambrosia)」「ハラシアン・アイスブリュー(Halasian Ice Brew)」で増加するステータスが、全アーキタイプに有利なものになりました。
  • 「生産素材デポ( Harvesting Supply Depot )」「ティンカリング加工のパーソナル素材デポ(Tinkered Personal Harvest Depot )」について、ライブイベント用の生産素材も保存できるようになりました。
  • 「精霊の祝福授かりし(Spirit-blessed )」矢アイテムは、アイコンが若干変更されました。
  • 「 虚無に歪んだ木(Void-warped Wood)」について、200までスタックできるようになりました。
  • ティンカリングのレシピについて、全レベルでカウンターのイベントが発生するようになりました。
  • 「Greater」「Superior」のアドーンメントのレシピについて、難易度が若干上がりました。スキルアップの可能性を若干ながら高めるためです。
  • 「至点のイアリング(Earring of the Solstice)」を装備したクラフターは、コレクションアイテムの赤い光を以前よりたくさん見つけられるようになりました。
  • マスタークラフト級のアイテムについて、性能がアップグレードされました。トレジャード&レジェンダリ属性との整合性を図るためです。
  • 「スポットの鞭( Spotted Whips )」の生産に、「スポットレザー( Spotted Leather Pelts )」を用いるようになりました。
  • 新規プレイヤー向けに、生産スキルの導入イベントが実装されました。6つのホーム都市、あるいはその近所で受けることができます(ダークライト・ウッドのヘイツ・エンヴィ / グレーター・フェイダークのナーサリー / フリーポートのルーインズ / ケイノスのオークミスト・フォレスト / ゴロウィン島 / ニューハラスのピルグリム・ランディング)。

リサーチアシスタント編集

  • リサーチアシスタントは、どの呪文レベルをアップグレードできるかを教えてくれるようになりました。
  • 低レベル帯のリサーチ時間が短くなりました。これにより、「リサーチしている間にレベルが上がり過ぎてしまった」ということがなくなると思われます。

ハウスレイアウト編集

  • 正確さを高めるため、レイアウトファイルが小数点以下8桁になりました(従来は2桁)。
  • コマンド /load_layout を使用した際、同一名のアイテムがごちゃまぜになっていた問題を修正しました(ギルドホールのテレポーター等)。
    • 注:この修正により、ハウスレイアウトのバージョン番号が 4から5に上がりました。このため、以前のレイアウトファイルは読み込めなくなっています。

バトルグラウンド編集

  • スマグラーの巣窟の塔は、マップ上で、固有のアイコンで表示されるようになりました。
  • 対戦開始時、プレイヤーのスタート地点がランダムになりました。プレイヤー同士がスタックするのを防ぐためです。
  • 「ジャウスト(Joust)」 でフラッグとマーダーボールが落ちるようになりました(他のテレポート関連のアビリティののように)。
  • リスポーンエリアでプレイヤーが遺物を拾おうとすると、遺物がリセットされるようになりました。
  • スマグラーの巣窟にて、飛行ディスクに乗っているプレイヤーは、対戦終了時にスタート地点に戻るようになりました。
  • グループ or レイドのメンバーの中に、バトルグラウンド(以下BG)のキューに入る許可がない人物がいる場合、グループ or レイド全体がバトルグラウンドのキューに入れなくなりました。
  • ガナックのバトルフィールドにて、プレイヤーがフラッグをキャプチャーした際、「Player has dropped the flag 」のメッセージが表示されなくなりました。
  • 2チームともBGの対象スコアに到達した / 対象スコアを越えた場合、戦績は、同点の引き分けになります。
  • BGのアイコン(フラッグ、遺物 etc.)は、現在のゾーンのものだけが表示されるようになりました。現在のゾーン以外のマップを確認する際は表示されません。
  • ホームサーバで匿名やロールプレイを設定した場合、BGに戻ったときにOFFに切り替わることがなくなりました。
  • BGのステータスに、ウォードが正しく追加されるようになりました。
  • ウォードのヒールクレジットは、ウォードのリジェネではなく、ウォードが防いだダメージに与えられるようになりました。
  • 戦闘中にBGの対戦を承諾した場合、承諾ウィンドウが正しく再表示されるようになりました。
  • BGのプレゲームにて、もっと自由に動けるようになりました。
  • BGのスコアウィンドウについて、ウィンドウを動かしてしまっても、BGに入場すると、再び表示されるようになりました。
  • ペットにもオーナーのチームカラーがつくようになりました。
  • BGのリーダーボードウィンドウについて、表示できるデータがない場合、ウィンドウが開かなくなりました。
  • バトルグラウンド PvPにて、クリフジャンパー(cliff jumper)のクレジットが得られるようになりました。
  • BGで以下のアイテムが使用できなくなりました。
    • 「ボットが作ったアイスクリームのカート( Bot Made Ice Cream Cart )」
    • 「機械化された再構築用プラチナレポジトリ (Mechanized Platinum Repository of Reconstruction)」
    • 「ヴァーレン献呈楽団(Vhalen’s Tribute Band)」
    • 「ギグルギバーのクスクスギバー(Gigglegibber Giggle Giver)」
    • 「熱追尾式のメッセージ入りボトル(Heat Guided Message in a Bottle)」
  • クラッカノンの歯車 / スマグラーの巣窟 / ガナックのバトルフィールドについて、レベル30以上のプレイヤーなら、10レベル単位で利用できるようになりました。
    • 参加プレイヤーは全員、自動メンターでレベル30か40に、あるいはキャラクターに見合ったベースレベルにレベルダウンします。
    • レベル30~80の全プレイヤーを対象に、新しいBG用アーマーセット&アクセサリが導入されました。
    • さらに、レベル30、40、50、60、70のマスタークラフト級防具に、制限はありますが耐久性が追加されました。BGの優れた“スターターセット”として使えるはずです。その他の点では、セットに特に変更はありません。
    • BGの対戦が引き分けに終わっても、勝利時と同じように、両チームに報酬が出るようになりました。
  • クラッカノンの歯車:遺物は、ドロップした瞬間にリセットされるようになりました。
  • Scion of Belamorteから、キャンペーンアーマーセット第一弾をご利用いただけるようになりました! 輝くゴールデンアーマーは、最も強力な防具のひとつですが、さらにPvP限定のブルーのアドーンメントを使うことができます!
  • BDトークンで、新登場のブルーのアドーンメントを購入できます(総数20以上)。このアドーンメントは、キャンペーンアーマーセット第一弾に使用できます。
  • Scion of Belamorte から、レベル30?80のフェイブルド属性のアクセサリを購入できるようになりました。
    • これらの売り物アイテムには、BGではProcが使用停止になっていたレベル80アクセサリの多くが含まれます。Procにはリミッターがかかっていますが、新たに使用できるようになりました。
  • Scion of Belamorte から、レベル90のフェイブルド属性アクセサリを購入できるようになりました。
  • 「フォース・オブ・マインド(Force of Mind)」と 「フォース・オブ・ウィル(Force of Will )は、インタラプト +3秒デイズをトリガーするようになりました。
  • BGでポイントをキャプチャーすると、「強奪者(Usurper)」のアチーブメントが発生するようになりました。
  • 既存のBG防具の価格が少し下がりました。第一弾キャンペーンアーマーの価格は変わりません。
  • 特定のワールドイベントを必要とするクエストは、アクティブではない場合でも、BD対戦に入った際に削除されなくなりました。

ゾーン編集

シャード・オブ・ラブ編集

  • Mithaniel Marr が「武勇のロングボウ(Longbow of Valor)」をドロップするようになりました。

シャード・オブ・ヘイト & ムンゾクのマテリアル堡塁編集

  • 他の同レベル帯レイドゾーンに合わせ、この2つのゾーンのロックアウト時間が短くなりました。

ドラゴンクイーンの巣編集

  • Toxxulia が、トレジャーテーブルの一部として「呼び声のスタッフ(Staff of Calling)」をドロップするようになりました。

カジック・シュールの神殿編集

  • Acidic Slime が、レベルに見合ったルート品を再びドロップするようになりました。

スピリット・レゾナンス編集

  • Researcher Jal’Dea’s Restless Spirit を撃破すると、「陰湿な空洞(The Saturnine of Hollows)」に、Magicmelter the Summoned が自動的にスポーンするようになりました。
  • Nortlav the Scalekeeper が、憑依を試みた人物のペットをディスペルするようになりました。エンカウンターの終了後、憑依状態が続いてプレイヤーがハマるのを避けるための処置です。

ペラセルシスの忌まわしき研究所編集

  • Arkatanthis’ will が、戦闘中、コンディションの如何に関わらず、「カース・オブ・デストラクション」を6回/分しかキャストしなくなりました

ローエン・ゼーアの宮殿編集

  • Roehn Theer とのバトルが大幅に洗練されました:
    • Rune of Paixao のイベントに若干の変更が入りました。
      • Theer がデバフするプレイヤーが4名に減りました(従来は6名)。対戦数と等しくするための措置です。
      • プレイヤーは、反対チャージの対象を探すのではなく、同じチャージのグループメンバーを探すようになりました。
        • 成功すると、一時的にDPSバフがかかります。
        • 失敗すると、「バランスト・ジャッジメント(Balanced Judgment)」をレジストできなくなります。
      • Awe のダメージが、若干レジスト可能になりました。プレイヤーをインスタギブする(即死させる)意図はなかったためです。
      • Roehn Theer は、キルプレインの下に落ちるプラットフォームにルート品をドロップすることがありましたが、これが起こらなくなりました。
      • キルプレインは、自室にて、プレイヤーを時々死亡させていましたが、これが起こらなくなりました。
      • 「秩序のルーン(Rune of Order)」「混沌のルーン(Rune of Chaos)」(白 / 赤)は、以前の場所にスイッチすることがありましたが、これが起こらなくなりました。
      • 「秩序のルーン(Rune of Order)」「混沌のルーン(Rune of Chaos)」は、その後すぐ、プラットフォームの下に落ちることがありましたが、これが起こらなくなりました。
      • Approaching Equilibrium について、Roehn Theer のプラットフォームの下に落ちてしまった場合、もとのルーン(スポーンした場所)に戻るようになりました。
    • Roehn Theer の3つのルーンのテーブルに、ドロップ品が追加されました。
    • Roehn Theer のエンカウンターに関わる呪文 / バフ / デバフについて、具体的なイベント / デバフを特定しやすくなるよう、ダメージのタイプが一本化されました。
      • 例えば、ルーンスクウェア(rune-square)のバフは、すべてトラウマ効果になりました。
    • Roehn Theer のヒットボックスが若干増加しました。近接クラスは近づきすぎなくてもよくなります。
    • 「ポーラ・リパルジョン(Polar Repulsion)」のダメージが、軽減可能なものになりました。
    • Roehn Theer のエンカウンター中、コーナーのプラットフォームにスポーンする炎について、これらはターゲットできなくなりました。戦闘中のタブターゲッティングに支障を来さなくするためです。
  • セイジエンカウンター:セイジ用のAOE呪文は、範囲が狭くなりました。HOの「プリズマティック・スフィア(prismatic sphere)」を取り除くのに、10秒かかるようになりました(従来は5秒)。セイジが次のプリズマティック・スフィアを詠唱する場合、80秒待たなければならなくなりました。ハードモードにて、3体のセイジの最大HPが低下しました。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki