FANDOM


ゲームアップデート20(2006/4/6導入)

http://eq2players.station.sony.com/jp/news_archive_content.vm?month=032007&id=55 より


ヘッドライン編集

  • レベル50以上の生産スキル用タスクが追加されます。
  • 現在の装備と他の装備をツールチップで比較できるようになります。

ゲームプレイ編集

  • 自分が所属する街と敵対する土地で(例えばケイノス市民がフリーポートの土地で、もしくはフリーポート市民がケイノス付近で)死亡した場合、コモンランドかアントニカの街の門の外に復帰します。
  • レイド内のグループがレイドを抜けることができない場合があった問題が修正されます。
  • パラディンとシャドウナイトのレベル20のファンスペルの馬から、ゾーン時に自動的に降りることがなくなります。
  • ギルドに属していない場合でも、ハウスの更新料としてステータスポイントを支払えるようになります。
  • グリフォンから飛び降りた後、使用するPCによってはキャラクターが別の場所に表示される場合があった問題が修正されます。

ゾーンとNPC編集

  • コルドロン・ホローで死亡したプレイヤーはインスタンスゾーンの外で復帰します。
  • 死者の宝物庫のTseralithを倒すと12時間の再入場制限が発生します。
  • フリーポートミリティアが、ルーインズの駐留兵として訓練を積んだ兵士を送り込みます。
  • アントニカのオラクルタワーのガードが、裏切りクエスト進行中のプレイヤーを襲うことがなくなります。
  • ノーラスに棲息する多くのものの直感が鋭くなります。
  • ソルセックの眼内のショートカット用テレポーターが稼動するようになります。

アイテム編集

  • ゲーム内の多くのクリーチャーが、品質の低い武器で傷つくようになります。
  • 「魔力が込められた」系の指輪は、その「魔力が込められた」という名前に相応しくなるよう、それぞれの能力値にあわせて性能が調整されます。その稀少さに関わらず、完璧な品質であれば特定の能力値が最高値になり、他の能力値は粗雑な品質と同等となります。また、全ての「魔力が込められた」系指輪のエフェクトが発動する確率が上昇します。
  • クエスト「ハイシャーマンは露と消える」の報酬であるブリスフル・アウェアネスが流行に乗り遅れたため、その外見が変更されます。
  • オブジェクトから採集可能なアイテムは最大で50個までスタックするようになります。

クエスト編集

  • フリーポートでシティタスクを依頼していたNPCがフォールンゲートの危険性を認識し、その奥地への任務は一度に一つしか与えなくなります。
  • ギルドに属していない場合でも、レベル50以上のシティタスクを受けられるようになります。
  • クエスト「阻まれたStilettoの命令」進行中にマナストーンのシュラウドのレシピで必要となるアイテムが、模様の入った皮のプレートから傷の入ったアナグマの毛皮に変更されます。
  • クエスト「過去から現れた斧」を進行中に必要となるグラニットのトマホークのレシピに必要となるアイテムが、トリネコの棒から切り出されたトリネコへ変更されます。
  • クエストを開始する前に「汚れた青い石」を処分した場合、Vidaと話すことで再度アイテムを入手できるようになります。
  • Disciple Tela`velleがシティタスクを提供する順序が、他のシティタスクを提供するNPCと同様になります。
  • 以前のアップデートによるキャラクターのプロフェッションに関する大幅な変更に伴い、ケイノスの集落部とフリーポートの各地区内に初期から設定されているクエストの多くは、その必要条件が若干変更され、クエストの流れをより追いやすくなります。
  • クエスト「図鑑作成 『ケイノス郊外の生物図鑑』」はcorrupted dryadとskittering scavengerを見つけた際に進行するようになります。
  • クエスト「ブーツの持ち主」で採集する必要がある鉱石と木材の数が15個になります。
  • 未熟なフリーポート市民には、ルーインズのフリーポートミリティアへ協力する前に、コモンランドのMooshgaを助ける機会が与えられます。

都市のガード編集

  • ガードが敵対市民を街から追い出すことがなくなります。その代わりに、侵入者を攻撃しようとしてきます。反撃することも可能です!
  • フリーポートとケイノスの街を防衛するため、新たなガードが配属されます。既存のガードも、配属地を守ることができる程度に十分な訓練を積んでいます。

戦闘編集

  • 最大ヒットポイントを低下させる効果が切れた際、ヒットポイントが回復することがなくなります。
  • チャーム中のペットが死亡しても、現在交戦中のエンカウンターの一部とみなされることはなくなります。
  • ネクロマンサーとコンジュラーの「タンク」系ペットのタウントが、再びNPCへ効果を発揮するようになります。
  • 呪文やコンバットアーツの詠唱後に対象が範囲外へ移動しても、対処が効果距離の2倍以内にいる場合は、効果が発動するようになります。
  • ステルス系のコンバットアーツでヒロイックチェインを完成させても、ステルスが使用不可能の状態から戻らなくなることがなくなります。
  • 特定の要因で発動するエフェクトは、トリガーとなるアクションが複数同時に発生した場合であっても、指定された回数を超えて発動することがなくなります。例えば、以前は「ルーズ」の効果が掛かっている間に5体の敵から同時にダメージを受けた場合、5体全てに対して大きなダメージを与えていました。しかし今後は、発動回数が1回のみとなります。
  • プレイヤーに対してリアクティブなタウントの効果を及ぼすNPCの種族固有アビリティは、そのプレイヤーを攻撃した他の敵をタウントすることがなくなります。
  • 一つのコンバットアーツで発動するエフェクトは、最初に命中した一撃のみに発生します。例えば、5回ダメージを与える一つのコンバットアーツがあった場合、その効果中に発動するエフェクトは5回ではなく1回のみです。
  • ディレイの遅い武器を使用しているとコンバットアーツのProcが発動しづらいように感じられることがなくなります。ディレイの遅い武器でオートアタック中にコンバットアーツのProcが発動する確率は、現在も若干高くなっています。しかし、コンバットアーツのProcの発動回数は、武器のディレイによって差が出ることはありません。
  • ローグ系とプレデター系プロフェッションの攻撃型スタンスの効果説明が修正されます。以前は受け流しが低下することが表示されていました。実際は低下していません。
  • 最大ヒットポイントを増加させる呪文を使用しても、現在のヒットポイントの最大値に対する割合が変化することはなくなります。
  • 品質の低い武器や素手でもエピッククリーチャーにダメージを与えることができるようになります。
  • タウント系とヘイトを低下させる呪文やコンバットアーツの効果が、以前より若干増加します。
  • ペットのチャームが切れた際にエンカウンターが解除されることがなくなります。

モンクの変更:

  • サイレント・パームの効果時間が短縮されます。逆に、ダメージを受けても解除されることがなくなります。

パラディンの変更:

  • パラディンの遠隔用呪文は通常通りインタラプトされるようになります。
  • クライ・オブ・コンビクションの効果範囲が若干拡大されます。
  • シジル・オブ・ヒロイズムは、アメンド系の呪文効果が掛かっている対象には効果を発揮しなくなります。
  • パワー・クリーブ系のコンバットアーツは、両手持ち武器を装備せずとも使用可能になります。

シャドウナイトの変更:

  • シャドウナイトの遠隔用呪文は通常通りインタラプトされるようになります。
  • クルーエル・オーラの効果範囲が若干拡大されます。
  • グリム・コイルの詠唱時間が半分に短縮されます。
  • クリーヴ・フレッシュ系のコンバットアーツは、両手持ち武器を装備せずとも使用可能になります。また、英知を低下させる効果が増加します。
  • シールドスラムの最初のダメージで発生するヘイト量が増加します。
  • ディジーズ・クラウドによるダメージの量がほぼ2倍になるため、発生するヘイトの総量は通常のタウントと同等になります。

インクイジターの変更:

  • インクイジターのリアクティブ系の回復呪文は、スクロールのランクが正常に反映されるようになります。

テンプラーの変更:

  • テンプラーのリアクティブ系の回復呪文は、スクロールのランクが正常に反映されるようになります。

アサシンの変更:

  • シュラウドアタックによりステルス効果が発動するまでの時間が大幅に短縮されます。
  • シャドウズ使用時、術者がステルス系の攻撃を実行できるようになります。

ブリガンドの変更:

  • アメイジング・リフレックスは術者がダメージを受けると解除されるようになります。解除後、再使用までの時間は30秒です。また、解除後にヘイトを増加させることはなくなり、短時間のあいだ移動速度が上昇します。
  • ルーズは近接ダメージに対してのみ発動するようになり、発動時にパワーを消費しなくなります。
  • デスパレイト・スラーストの防御系能力へのペナルティは、対象が死亡した後も残ることがなくなります。

レンジャーの変更:

  • トリックショットにより増加するヘイトの量は、アップグレードしても変わらなくなります。また、効果時間が5秒に短縮されます。
  • スニーク・アタックのステルス効果が発動するまでの時間が短縮されます。

トルバドールの変更:

  • アリンのセレナーデ系のコンバットアーツによるヘイト減少量が41%を超えることはなくなります。

コウアーサーの変更:

  • ビフレンドとチャームにレベル上限が設定されます。しかし安定度が増し、以前ほど解除されることが多くはありません。

イリュージョニストの変更:

  • ペルソナ系のペット召喚用呪文の詠唱時間が10秒に延長されます。

ネクロマンサーの変更:

  • レンディング・フレンジー系のペット用バフを使用した場合でも、再びペットが敵の攻撃をひきつけるようになります。

ウォーロックの変更:

  • ネザラス・レルムの弱体化効果が、他のエフェクトを発動させることがなくなります。

デザート オブ フレイム編集

  • マージ・ダルのAntiquitor Mor’Taelは、「暗黒への探索行」を進めるようになります。
  • Gates of Ahket Akenにおけるレベル上限がなくなります。
  • 「最後の手紙」を完了し「暗黒への探索行」を削除している場合でも、Antiquitorから再び「暗黒への探索行」を受けられるようになります。
  • 『アリアラーの詩歌』と『マージダルとそこにある私』の本のページを発見する確率が上昇します。
  • 「すべてを包み込め」はGodkingが倒れた後、30分以内に完了することになります。
  • 闇の使徒のショルダーパッドの外見がよりブロウラーらしくなります。

生産スキル編集

  • 高レベルアーティザン用に新たな生産タスクが追加されます。
  • 空気にさらしたミネラルウォーターは100個までスタック可能になります。ベースレベルが50のビールは、homemade beerとして材料に使うことができるようになります。
  • レベル19以下の呪文やコンバットアーツのレシピが、追加および適切なレベルへ移動されます。
  • 「スピーチレス」のレシピが、スカラーのレベル28からレベル30のレシピブックへ移動されます。
  • 「プラズマティック・パルス」のレシピが、セイジのレベル27からレベル29のレシピブックへ移動されます。
  • 「アイスコイル」のレシピが、セイジのレベル29からレベル27のレシピブックへ移動されます。
  • 「アンプリフィケーション」のレシピが、セイジのレベル24からレベル21のレシピブックへ移動されます。
  • 「フレイムタン」のレシピが、セイジのレベル26からレベル24のレシピブックへ移動されます。
  • 「ダズリング・シール」のレシピが、セイジのレベル25からレベル26のレシピブックへ移動されます。
  • 燃料の価格が変更されます。一部は価格が上昇し、一部は低下しています。しかし、全体的な価格構成は変わりません。

グラフィック編集

  • ウェイポイントの見た目が一新されます。
  • ピンク、緑、紫、赤、黄色の鞍を持つ軍馬の色が調整されます。

ユーザーインターフェース編集

  • 3人称視点のカメラを更に遠くへズームアウトできるようになります。カメラの移動距離はeq2.iniファイルのics_maxcameradistanceファイルを設定することとにより制限することができます(新しいデフォルトは15mです。従来のデフォルト値は10mでした。)
  • /loaduiコマンドを単独で実行してもクライアントが停止することがなくなります。
  • ゾーン後に維持中の呪文ウィンドウ内で発生することがあった表示上の問題が修正されます。
  • スタン系のエフェクトの効果説明に表示される効果時間が適切な値を表示するようになります。
  • 「吹き出しをNPCの頭部と連動させて表示」するオプションが追加されます(オプション>ユーザーインターフェース>名前と吹き出し)。デフォルトではチェックが入っていません。チェックが入っていない状態の場合、NPCの吹き出しや選択肢がプレイヤーの発言中に動くことがなくなります。
  • ギルドのイベントや第一発見時のメッセージのリンクが再び有効になります。
  • 自分のクラスが使用可能な装備品のツールチップが表示された際、同じスロットに装備しているアイテムのツールチップが同時に表示されます。このツールチップは、ホットバー内に登録されているアイコンと装備中のアイコン以外で表示されます。
  • 武器、防具、盾、消耗品、ハウスアイテム、矢/弾、一般のアイテム、呪文とコンバットアーツの、「調べる」ウィンドウとツールチップ内の情報が簡略化されます。
  • 「戦闘以外はシングルクリック」に設定している場合、自分を攻撃している敵をシングルクリックすると、オートアタック状態になります。
  • 移動先のゾーン名を示すメッセージが、画面上に表示されるようになります。この設定は、オプション>ユーザーインターフェース>ポップアップメッセージ>地名のメッセージを表示、から切り替え可能です。
  • 多大なリクエストにお応えして、宝飾品の「調べる」ウィンドウとツールチップに装備スロットが再び表示されるようになります。
  • /whoraidコマンドの表示が/whoに近いものとなります。
  • /whochannelでメンバーが正常に表示されるようになります。
  • マウスの中央ボタンによるオートランの切り替えを、オプション>コントロール>移動>オートラン(ON/OFF切り替え)で設定可能になります。
  • アイテムのアイコン上に表示されるツールチップのスタイルが一新されたため、多くのウィンドウが更新されます。
  • 外見を変更したキャラクターが初心者用防具に身を包んで表示されることがなくなります(実際に初心者用防具を装備している場合は除きます)。
  • フルスクリーンとウィンドウモードを切り替えても、ガンマ値が変わることはなくなります。
  • ターゲットウィンドウはリサイズされなくなり、ウィンドウの最下部にエピックのフラグが移動することがなくなります。
  • ウィンドウモードで最大化されていた場合、ゲーム開始時に以前の状態へ戻るようになります。
  • ギルドウィンドウ内で、メンバーを正常にプロフェッション名でソート可能になります。
  • クエストヘルプはリサイズできなくなります。小さくしすぎた場合、スクロールバーが正常に表示されなかったためです。
  • アイテムを生産時のウィンドウ内に表示される材料の数量は、インベントリー内の所持数に応じて変動するようになります。
  • 呪文やコンバットアーツを使用するための条件(ステルス状態でなければならない、など)を満たしていない場合に、そのアイコンの色調を暗くするためのオプションが追加されます。オプション>ユーザーインターフェース>スペルアイコン>Tint
  • 生産の成功と失敗のメッセージが、チャットウィンドウに記録されるようになります。

設定の変更方法編集

  • 新たに追加された説明用ボタンのタイムアウト時間を変更する方法は以下の通りです。
    • instruction_close_time <秒>
    • デフォルトでは10分間(600秒)です。
    • 設定を変更するためには、ゲーム内でコマンドを実行するか、eq2.iniファイルを編集してください。
  • 新たに追加された説明用ボタンを非表示にする方法は以下の通りです。
    • instruction_ignore_all <0|1>
    • デフォルトでは表示になっています。
    • 設定を変更するためには、ゲーム内でコマンドを実行するか、eq2.iniファイルを編集してください。
  • eq2.iniファイル内に”target_allow_pet_member_toggle 0”を追加すると、グループメンバーをターゲットした状態でF2からF6キーを押しても、そのペットへターゲットが移ることがなくなります。逆に、ペットをターゲットした状態でShift+F2からF6キーを押しても、彼らの主へターゲットが移ることがなくなります。
  • eq2.iniファイル内に”target_allow_pet_self_toggle 0”を追加すると、自分をターゲットした状態でF1キーを押しても、自分のペットへターゲットが移ることがなくなります。逆に、ペットをターゲットした状態でShift+F1を押しても、自分へターゲットが移ることがなくなります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki