Fandom

エバークエスト2 Wiki

ラニーアイの開放地

17,147このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ゾーンガイド > 基本セット  > ラニーアイの開放地

JPGPNGGIFで、ゾーンの地図の画像をアップロードできます。
外部リンク

LootDB
EQ2Map Zone
EQ2LL
ZAM

ゾーン情報カテゴリ
Runnyeye
基本・拡張セット 基本セット 略称

RE

ゾーン種別 ダンジョン
レベル範囲 30~40
関連リンク
関連ページ
カテゴリ クエスト シリーズ アイテム
コレクション アチーブメント ロア
NPC モンスター ネームド
ゾーン インスタンス
重要地点 場所発見地点 ランドマーク

情報の読み方


概要編集

ラニーアイ- 推奨レベル:33-41


ラニーアイはおそらく最も人気のあるダンジョンゾーンといっても過言ではありません。グループも参加でき、ネイムドも複数登場。難しいが見返りのいいインスタンス。スポーンのペースもよく、意外とスムーズに攻略ができます。そして忘れてはならないのは、Goblinの数が半端ないこと!

では、基本情報を紹介しましょう。

ゾーン名:ラニーアイの開放地 隣接するゾーン:エンチャントランド インスタンスゾーン:オーバーロードの王座の間、ラルガックスの間、レベル幅:33-41、モンスタータイプ:Goblin、Minotaur、Warboar、Evil Eye、Golem 外見や雰囲気:

このゾーンはまるでゴブリンの隠れ家みたいな感じがします。泥やゴミがあちこちに散らかっています。そして、そんなゴミを放出している装置でいっぱいです(そんなことが装置にできるのだろうか)。ゴブリンは採鉱でも行っているのでしょうか。開放地は完全に地下にある場所なので、採鉱と言われても疑いはしません。

廊下が細いので、プレイヤーやモンスターが多いと視界が遮られます。幸いにも廊下でのエンカウンターで、多くのMOBと遭遇することはありません。MOBの数が多いエンカウンターは大抵広い場所で行われるので安心してください。


総合難易度:易しい~普通

このゾーンは、これまでのダンジョンに比べたら楽なほうでしょう。そして今後のダンジョンのあり方をほのめかすものになるでしょう。いくつかのエリアを除けば、どんなプレイヤーでも攻略のできるゾーンとなっています。このゾーンではクラウドコントロールは任意で、ヒールもそれほど必要とされません。理想を遥かに下回るグループ構成でも問題なく攻略できるはずです。


ゾーン攻略法:

ラニーアイまでの道のりは険しいかもしれません。入口は数グループのRunnyeye Goblin、どんな変装でも見破ることのできるEvil Eye、そしてたまに出現するSludge Creepによって守られています。スプリントし、何に対しても止まることさえしなければ、問題なく入場できるでしょう。

ゾーンの始め、ボグタワーの吊り橋までは、レベル33のMinotaurやGoblinが出現します。どんな冒険者でも戦いながら進むことができる設定となっているはずです。廊下が分かれるところまでは、ソロでも問題ないでしょう。

分かれ目に到達すると、何体ものClay Remnantの出現でヒロイックコンテンツが開始します。つい無理をしがちな場所なので要注意です。さらに奥へ行くと、さらなるClay Remnant、そしてたまに出現するネイムドのRemnantペア、Clay InsurgentとMudslingerが存在するマッダイト・プールへたどり着きます。ここでも用心が必要です。さもなくば、恐ろしく不利な立場に自分を陥れることになります。

簡単にアクセスできることから、このエリアは他のゾーンへと行く拠点として使われることが多いです。[1]

隣接ゾーン編集

クエスト編集

ラニーアイの開放地クエスト

アップデート履歴編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia