FANDOM


初心者ガイド  > メンターシステム

ほとんどのMMORPGでは、キャラクターの間にレベル差がある場合、それぞれが対等な立場でゲームを楽しむことは難しい。大抵、どうしてもレベルの高いほうが低いほうを補佐し続けるか、あるいはまったくゲームにならないかという結果になってしまう。 EQ2はこの問題に真っ向から取り組むシステムを搭載している。それがメンターシステムだ。

メンターの働き編集

メンターは、 レベルの高いPCが一時的にレベルの低いPCにレベルを合わせる もので、これによってレベルに差のあるPC同士が、ほぼ同じ立場でゲームを楽しむことができる。メンターしたPCの能力は、下がった後のレベルにあわせて、HPやパワーの値、呪文やアーツ、装備類の効果がスケールダウンする。上位のアーツもレベルに合わせて自動的に弱くなるため、ホットバーの入れ替えなどをする必要はない。

メンターをした側のPCの獲得する経験値は通常の半分になり、一方、メンターされたPCの獲得する経験値は通常より5%増加する。これは累積するので、5人のPCが1人にメンターすると最大25%の経験値の増加となる。

メンターシステムは、メンターをする側にも多少のメリットがある。一時的にレベルが下がっている間、クエストの表示色もまた下がっているレベルで判別されるため、元のレベルでは既に灰色になってしまっていたクエストを緑以上の状態でクリアし、アチーブメントポイントを得られる可能性がある。

メンターをするには編集

メンターを開始するには、メンターしたいPCとグループを組み、そのPCを右クリックしてメニューから「mentor」を選ぶ。これで完了だ。レイドメンバーをメンターすることはできないので、レイドリーダーに同じグループへ編成してもらおう。 メンターを止めたい場合、相手ではなく、自分のキャラクター情報ウィンドウを右クリックして「stop mentoring」を選ぶ(間違えやすいので注意)か、グループから自分か、相手のどちらかが抜ければよい。

ときどきメンターがうまくかけられない場合があるが、メンターする側が再ログインしてみて、それでもうまくいかなければされる側が再ログインしてみるとうまくいくことが多いようだ。

●上記の他にソロプレイでレベルを下げてプレイしたい場合、自分だけでメンターする(レベル調整する)方法がある。その場合はクロノマジックを検索するとわかりやすい記述が載っていた 各自参照の事

これを知っておくと序盤の進め方もかなりかわってくるはず!

(わたしの場合は、レベルあげてしまうと宝物ドロップしないのでどうしようと悩んでいたものの、最近クロノマジックのページを見つけて あ レベルあげどんどんしてもメンターを利用すれば大丈夫なんだと気がついた)

各ゾーンにてお店内で利用できるtimelessを使う方法がそれにあたる。 

また解除する方法はその際 自分を右クリックして指定した後 入力欄に/unmentor を記述するが正しいので このページに補足(上記のやり方ではない)

メンターが必要になるレベル範囲一覧編集

最大レベル×0.75≦最低レベル
最大レベル-15≦最低レベル
上記の条件を満たしていない場合最低レベル未満のPCは 敵を倒しても経験値が入らず、クエストもアップデートされない。

グループ内最高レベル グループ内最低レベル
80 65
79 64
78 63
77 62
76 61
75 60
74 59
73 58
72 57
71 56
70 55
69 54
68 53
67 52
66 51
65 50
64 49
63 48
62 47
61 46
60 45
59 45
58 44
57 43
56 42
55 42
54 41
53 40
52 39
51 39
50 38
49 37
48 36
47 36
46 35
45 34
44 33
43 33
42 32
41 31
40 30
39 30
38 29
37 28
36 27
35 27
34 26
33 25
32 24
31 24
30 23

メモ編集

経験値取得を止めている人にメンターをした場合、

  • メンターした側の経験値戦闘経験値 ⇒ 入らない
  • クエスト完了時の経験値 ⇒ 入る
  • アチーブメントポイント ⇒ 入る

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki