Fandom

エバークエスト2 Wiki

ブルーザー

17,149このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

敵は粉砕してしまえ。我々の活動に、慈悲や哀れみが入る余地はない。
- Enforcer Kurdek、ドレッドノート

ブルーザーは、力と威嚇を振りかざす、恐れ知らずの剛の者である。鍛え抜いた肉体は もはや凶悪な武器であり、これを縦横無尽に振るって敵を苦しめる。

ブルーザーは物理攻撃の雄である。見切りの技で敵の攻撃を逸らし、身軽さを生かして敵の攻撃をかわし、隙を見て強烈な一撃を放つ、といった戦い方をする。

ブルーザーの最重要能力値は筋力である。ブルーザーのパワーの最大値、そしてブルーザーがダメージを与える力は、この能力値に左右される。

概要編集

Bruiser.png
  • 略称: BRU、Brz
  • タイプ: ブロウラー(ファイター)
  • 属性: 中立
  • 主要能力: 筋力、敏捷性
  • アーマー: レザー
  • 武器: 拳、メイス、ハンマー、スタッフ
  • 盾: 装備不可

トレーナー編集

特徴編集

“ブルーザーは屈強なケンカ屋で、天性の怪力を駆使して敵を打ちのめし、屈服させる。鍛え上げられた肉体は、まさに戦う相手を苦しめるために作られた凶器そのものだ。”

ブルーザーは、その高い回避力を活かした戦闘で敵を引きつける喧嘩屋である。

全クラス中最高のヒットポイント量とファイター系最低のパワー量をもつ。 装備可能な防具は皮防具のため、軽減力において他のタンククラスに劣る。

基本デザインは「防御AAやアーツで守る」というグラップラーらしいデザインで、それが攻撃型である分テクニカルさが際立つといわれる。終盤はアーツのつなぎ目にうまくヒーラーと歩調を合わせないとあっという間に沈む。(とはいえ防御アーツを普段から使うのはどのタンクでも最終ラインの基本)

モンクを含むブロウラータンクの特徴として、その回避力の高さ、単体キープ力の高さが挙げられる。 敵のランクが緑〜白までであればその回避力は軽減力の低さを 十二分に補って余りある防御性能を発揮するだろう。 手数の多さでヘイトを安定して稼ぐため、単体攻撃が得意なアタッカーとの相性も良い。 逆に敵が橙〜赤クラスになると補正を受け、回避力のアドバンテージは大幅に下がってしまう。 避けない、当たると痛いの二重苦を抱えてしまうわけだ。 もしブロウラータンクのGrpを構成するならば、敵のランクに十分に注意する必要が有る。


モンクとの差異

  • フィアー、短時間CCなどの小技が低レベルからある
  • ヘイストBUFFを持たず、代わりにCAダメージUP・タウント量UPBUFFを持つ。
  • 攻撃/中間スタンスはヘイストでなく、代わりに炎熱Procがついている。
  • インビジを持たない。
  • CC系効果無効化の短時間Buffを持つ。
  • 短時間の軽減力BuffはHPを消費するが、3分と長く、軽減上昇量も多い。
  • ヒールは自分専用+付加効果無し、代わりにリキャストが半分。
  • モンクはオートアタックがメイン、ブルーザーはアーツラッシュがメイン。

瞬間火力に長けるため、ソロにおける VS複数やNMD+取り巻き等のときに アーツラッシュを叩き込み頭数を減らしてFD(死んだ振り)→回復後に再度攻撃、という戦法が取り易い。 自己ヒールのリキャストが90秒というのも大きい。 逆に探索という点においてはインビジを持つモンクに劣る。 またアーツラッシュに頼るためパワー枯渇の問題も常時ついてまわる。 トーテムや良い飲み物でカバーするようにしよう。

レイド等での活動としては、上記のように格上との戦いを不得手とする性質上 Boss戦そのものより、それまでの道中をカバーしたり Boss戦中のADDをフォローする裏方役やとしての席になるだろう。 もちろんその席は非常に狭き門なのだが…。

攻撃 編集

ファイターはタンクとして活動することを考えると必要なステータスが他職よりも多く、このためリフォージにおいては苦労することが多い。とりわけブルーザーは足りないステータスが多い。

CAの手数もファイター中最も少なく、再使用・リカバリー速度が高い昨今だとアーツが使えない状態になることすらある。

防御 編集

レザーアーマーであるものの、AAの取得によりプレート職まで引き上げることができる。モンクと比べて見かけ上の軽減力は劣るものの、戦闘中はモンクのそれを凌駕する程にまで上がることも。

棒立ち状態で物理攻撃に対する堅さは全ファイター中最も高く(パラディンと同じく)15%のダメージカットがついている。しかし防御アーツの手数の少なさは目に余るものがあり、どうやっても他ファイターと比べて被弾しやすくなる。

レイド 編集

ブルーザーはレイドではサブタンクに向いている。

これはキープ力と防御の手数の乏しさに起因している。ヘイトを稼ぐ自己バフはトリガー率もその量もモンクの半分以下であり、タウントも1アーツ少ない。手数もその少なさから常時防御アーツを回すということは難しく、必要時に応じて使うという対応が求められておりなかなか難しい。

一方その仕様からサブタンクとしては優秀である。レイド全体のCA・タウント量を増やすことができるバフや、優秀な二次回避を持っている。また'ドラッグ'というアーツは短時間ながらモブを自分がいる位置に固定できるので細かいピン位置の操作が必要な局面においてブルーザーの右に出る者はいない。

==

==

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki