FANDOM


ゾーンガイド > ライズ・オブ・クナーク > チャードック  > コルシャの神殿

JPGPNGGIFで、ゾーンの地図の画像をアップロードできます。
外部リンク

LootDB
EQ2Map Zone
EQ2LL
ZAM

インスタンス情報カテゴリ
The_Temple_of_Kor-Sha
基本・拡張セット ライズ・オブ・クナーク 略称

ToKS

難易度レベル帯 エピックx4 レベル:80~
親ゾーン チャードック
入場条件 なし
ロックタイプ (情報募集中)
関連リンク
関連ページ
カテゴリ クエスト シリーズ アイテム
コレクション アチーブメント ロア
NPC モンスター ネームド
ゾーン インスタンス
重要地点 場所発見地点 ランドマーク

情報の読み方


概要編集

チャードックから入れるtier2のraid zone。bossのoverkingで一気に難易度があがる。

攻略編集

Aktar the Dark編集

MTがAktarをkeepし、heroicをmezしてMA決めてUthtak the Cruelから。要ST。
Aktarへのdebuffが薄くなる為MTの被dmgが多い。Aktarへの参加者にdebufferを追加したり
Uthtakを倒して合流するまでは、MTにdefense stanceをとってもらうなどして対応。
lootはないけど、次のnamedを起動させる箱が近くに落ちている。誰か拾う事。


Atrebe's Statue編集

近いと痛いAEを持っていて、それを撃つ前にraidに対して逆KB(つまり引き寄せ)を行う。 引き寄せられたら元の位置に戻って戦う。それだけ。


Uzdrak the Invincible編集

namedが鎮座する更に下に2匹のdizokがいる。MTgrpがnamedを安定させた後、それ以外のgrpで2匹を先に倒す。
Aktar同様合流までのMT安否にかかっている。回避チェックのfighterだけ前面AEを貰わないようにMT傍に配置すると楽。


Kodux+Zarda編集

ここら辺からそれなりの戦力が必要。

配置編集

scriptの対処をし易くさせる為、お互いが見れる配置がいい。KをZの対面の通路まで引き、一直線になるようにする。

ワープ編集

中央の滝があるところにraidから1~2名がワープを食らう。その人はnamedのhate topに。
ワープを食らってもtargetを失わないというところと、PCの進行方向が変わらないというのを活かし
mobは常に直接targetし、ワープ後自分に跳ねていたら元の位置へ。跳ねていなければ逆側へ走れると安定する。
両方から1人にワープを食らっている場合もある為、気づいたらその場に留まった方が安定。

proc編集

named同士の距離が近いとnamedに強烈なprocがつき、tankが大dmgを被る。
ワープの際は距離を近づけないように細心の注意を。

health編集

named同士のhealthが30%?以上の差がついても上記procが発生する(未確認)。
殆どの場合気にしなくていいが、あまりにも差が出たようならDPS陣が一時的に逆側へ行くなどして対応。


Selrach Di'Zok編集

overking。これが安定して倒せるようなら、VPが半分以上見えたと思っていい。

  • オーバーキング・インフェルノ(AE)。近いと痛い。要cure。
  • 20~30秒前後(周期は不安定)で8匹の^1個がaddする。
  • namedのhealth55%で剣を構えるのでETRで取得するアイテム「仲裁のワンド」を使用する。失敗すると強烈なAEがきて負けとなる。
  • ETRのアイテム使用後、更に追加でNon-KoSの火の玉2匹がaddする。
  • 火の玉は徐々にnamedへ向かって行き、密接を許すと強烈なAEが来て負けとなる。
  • 玉座周辺から初期の雑魚が外に出るとブレイクするが、namedは多少出てもブレイクしない

開幕など編集

最初はMTgrp以外chargeして、初期雑魚を門になっているところから出さないように処理する。
半分はmezするなどすると安定する。その間MTはnamedだけ外に引き、絨毯のようなところでkeepする。
あまり引きすぎるとnamedでもブレイクしてしまうが、可能な限り奥へ。
絨毯からはみ出るとaddがpopした時に横から来易い為、位置には注意する。
絨毯の端にnamedをおき、逆の端付近にMTgrpのhealerが展開出来るとベスト。MTgrp+ROGなどを専属にし、削る。
またこのROGはaddがMT、MTgrpなどに漏れてきた際の最終防衛ラインとしての役目も果たす。

add編集

WLKとPALがいるのがベスト。更にchelsithでとれる指輪汚れよりいでしコイフ があれば尚いい。

addをそつなくこなすコツは、次のpopまでに倒しきるという考え方よりも、こぼさずに拾いきるという考えをする事。

PALだけで拾うのではなく、WLK自身で集めてしまうのがいい。当然その後PALがフォローするのが前提。
厄介な窒息を使うのも混ざっている為、絶対にMTgrpのhealerの位置には向かわせないようにする事。
火の玉後は他のメンバーの助力なしで戦う事も多いので、可能な限り1grpで処理出来るといい。
場所は門になっているところ付近がいい。配置上その通路にaddが集約され易い。稀に漏れたものはfighterやscoutでフォローする。

火の玉編集

火の玉に攻撃を加えた1~2秒後のhate topはnamed傍に召喚を食らう。同時にnamedのhate topになる。
hate量自体が増えるわけではないので、MTはすぐに戻す。最悪ワープ対象が死んでしまうのも仕方ない。
ダメなのは跳ねたまま移動してメンバーに近距離AEを当ててしまう事。しっかり確認を。
玉座奥など遠くに2匹沸いた時は無視してしまってもいい。火の玉は次のpop時間になると前のはdepopする為、放っておいても平気。


関連クエスト編集

その他関連情報編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki