FANDOM


私がお前に近づくのは、我がダガーを突き刺す間際のみ。お前が恐怖におののく瞬間だ。 - Mithren Shadowstep, 傭兵

アサシンは、極悪非道な攻撃の達人であり、機を捕らえた一撃を放つ名手である。

敵の不意をつく彼らの技術は脱帽ものであり、油断したところを襲われた敵は大ダメージを受けること必至である。

また、アサシンは猛毒の扱いにも長けている。じわじわと敵を弱らせて、一気にとどめを刺すのだ。

アサシンの最重要能力値は敏捷性である。アサシンのパワーの最大値、そしてアサシンが敵に与えるダメージは、この能力値に左右される。

概要編集

Assassin.png
  • 略称: ASN、ASS
  • タイプ: プレデター(スカウト)
  • 属性: 中立
  • 主要能力: 敏捷性、筋力
  • アーマー: チェイン
  • 武器: 打撃武器を除く片手武器・二刀流武器のすべて、遠隔武器すべて
  • 盾: ラウンドシールド

トレーナー編集

特徴編集

“アサシンは容赦なく獲物を仕留める冷酷非情な殺し屋だ。彼らの辞書に慈悲や同情という言葉はない。暗闇を見通す鋭い眼力で、獲物だけでなく行く手に潜む危険をも敏感に察知する。”

レイドでのヘイト転送

アサシンの「ヘイト転送個人バフ」は、レイドでも非常に便利に働く。 MTグループに入ることになったら、当然MTにかけてヘイトを譲ろう。ヘイトキープの大きな後ろ盾になる。ちなみに個人バフなので、STがいるならそちらにもかけるのはいい考えだ。

それ以外のグループに配属された場合、グループメンバーのうちヘイトコントロールが上手いか、ヘイトの獲得量が少ないキャラクターに個人バフをかければ、気兼ねない攻撃ができるようになる。転送先は、プレートタンク、バード等が候補になるだろう。プレデターよりヘイトの問題が少ないとはいえ、ローグへ転送するのはオススメできない。同じくヘイト転送アーツを持つスワッシュバックラーならば同様に転送先に困っているだろうし、ブリガンドのヘイトリストコントロールはコピーアーツに頼るところがあり、そのコピーアーツは非常に強力なダメージ源にもなり得るからだ。アサシン個人のDPSが上ったとしても、他人のDPSが下がってしまってはRaid全体にとっては無意味だ。モンク&ブルーザーについても、FDを使用しなくて済むようにしてDPSの損失を最小限に抑えよう。

グループに該当者がいないようなら、レイドリーダーに再編成案を出してみるのもプロの仕事である。 ただし、MT以外に使う転送個人バフは黙ってかけないこと! どんな職業にも大胆な戦い方というものは存在するのだから、たとえバードが対象であっても気を抜いてはいけない。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki