FANDOM


クエスト > 基本セット > ロストソウルのオベリスク  > 『遭遇記録 ― プライム』/old

外部リンク

ZAM

クエスト情報
(英語名の情報募集中)
ジャーナルカテゴリ ロストソウルのオベリスク
レベル 47 Tier 5
難易度 ヒロイック
開始ゾーン ロストソウルのオベリスク基本セット
開始方法 ゾーン内のMobからドロップする同名アイテムを調べて開始
このゾーンにある他のクエストについては、ロストソウルのオベリスククエスト、またはそのカテゴリを参照。
クエスト情報の読み方


攻略編集

  1. AAA系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  2. AAA系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  3. AAA系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  4. BBB系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  5. BBB系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  6. BBB系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  7. CCC系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  8. CCC系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  9. CCC系のMobを10匹倒す
    • 本を読む

報酬編集

同名のハウスアイテム(スタック型)

本の内容編集

この書物には『遭遇記録 ― プライム』という題名がついている。最初に見た時にはなにか別の言語で書かれていると思ったが、よく読んでみると母国語で書かれていたことがわかった。どうやら、1人のバードが書いたなにかの記録らしい。

大森林からチェリーブロッサム多島海までの広い範囲にわたって、次々に奇病感染の報告が入ってきている。この数か月というもの噂でしかなかったが、この病に倒れる人々がいるということを多くの市町村長が確認発表するに至っている。

この現代に疫病というだけでも意外なのに、今不安をかき立てているこの病気は肉体的な変化を伴うというのだ。詳細は不明、というより不確定情報が飛びかう現状だが、どうやら急速な体重の増加、奇妙な成長亢進といった症状がこの病気の感染者には見られるらしい。

ホワイトパーム医師会の創立者にして万能治療薬の発明者、医療の世界的権威であるDr. Rodger Effinは、現在の状況について次のように述べている。「この病気は前代未聞のもので、最もショッキングな点は、頭蓋骨の突出現象だろう。骨そのものの成長が異常加速しているようだ。体毛の伸長も特徴だ」

だがDr. Effinは前向きのコメントもしている。「一般の皆さんに伝えてほしい、治療法は必ずや見つける、と。それまで私は休まないし、どんな遠くまででも出かけてゆく。プライムの人々が安心して眠れるようにしてみせるとも」

しかし一方、エントロピオ萎縮症研究学会の会長、Dr. Bartholomew Oculusはこれとは全く違う意見を述べる。「私はプライムの人々に何年も言い続けてきたではないか。私の研究によればあの万能治療薬なるシロモノは必ずや肉体に悪影響を及ぼすのだ。いつかこのような事態になるのはわかっていた。だが誰も私の警告に耳を貸さなかったのだ」

Dr. Oculusはさらに、次のように続けた。「今回の疫病についてもRodgerはいつもどおり、大衆に向かって嘘八百を並べている。一般の人々が彼の言うことを信じずにこの私の抗毒素を使ってさえいたら、この病気はこんなに広がることはなかったのに」そう言うとDr. Oculusは足音荒く部屋を出ていったので、我々のインタビューは終わりとなった。

次に、影の道先教団のリーダー独占インタビューに成功したニュースをお伝えしよう。シャドウファーザーとだけ名乗ったこの人物の語るところによれば、プライムの各所に黒いオベリスクを無断建設したのは彼の率いる教団だという。

この謎めいたシャドウファーザーとの会見に先立ち、我々は独自調査を行っている。それで判明したところでは、影の道先教団の結成はわずか6年前、グレート・コールドランドでのことであり、最初のオベリスクが死の砂漠で発見されたのはほぼ14年前である。

その後いくつかのオベリスクが発見されているが、建設地はいずれも到達困難なほどの僻地である。雲の台地、サリム・サバンナ、ニュー・エクセタリン。そして近隣の住民はいずれも、“たまたま移住したあと”だったというのだ。移住先がどこなのか追跡しても見つからず、住民のゆくえが判明した例はない。

インタビューに答えてシャドウファーザーが発言したことをまとめるとこうなる。「我らは長らく精神を閉ざしてきた。だが今、太古の秘密があばかれようとしている。我らのもとに来たれ、失われた知識を求めよ、さらば与えられるであろう。我らの言を退ける者はそれを後悔するであろう。だがそれも長くは続かない……」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki