FANDOM


クエスト > 基本セット > ロストソウルのオベリスク  > 『遭遇記録 ― ディズアズ』/old

外部リンク

ZAM

クエスト情報
(英語名の情報募集中)
ジャーナルカテゴリ ロストソウルのオベリスク
レベル 43 Tier 5
難易度 ヒロイック
開始ゾーン ロストソウルのオベリスク基本セット
開始方法 ゾーン内のMobからドロップする同名アイテムを調べて開始
このゾーンにある他のクエストについては、ロストソウルのオベリスククエスト、またはそのカテゴリを参照。
クエスト情報の読み方


攻略編集

  1. AAA系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  2. AAA系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  3. AAA系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  4. BBB系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  5. BBB系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  6. BBB系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  7. CCC系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  8. CCC系のMobを10匹倒す
    • 本を読む
  9. CCC系のMobを10匹倒す
    • 本を読む

報酬編集

同名のハウスアイテム(スタック型)

本の内容編集

この書物には『遭遇記録 ― ディズアズ』という題名がついている。最初に見た時にはまったくわけがわからなかったが、よく読んでみると少しずつ意味がわかってきた。とはいえ、この本が何を語っているのか把握するのは非常に難しい。これを書いたバードはもともと変人だったのか、それとも酔っ払っていたのかもしれない。

ログA9緑:第3の太陽が昇り、さらにいくつかのフラクチュアルは魔法にかけられた。私のディザルが警告を感じて震える。絶対に場違いだ。

ログCe8:紡錘形の位置が配列から外れている。そんなはずはない、さっき第9の太陽の沈む間に直したのに。心が乱れる。

ログ99L:GxvveRとCvxlxが毎日の移動に遅れた。聞いたこともない。構造物の上に自分で浮くか否か論争中。もしあのスパイアから輪を傾けるのを目撃したら、眠る前に彼らには暖炉の光をやらないつもりだ。

ログAA3-青:私の出芽ペアが心配だ。観察すると違って見える。光が薄くなっているのはグリザーウイルスのせいだ。だけどグリザーウイルスが来るのはラテン期のはずで、まだ3期も早すぎる。

ログ葦4:聖なる覇者が西のハウスボウルを隔離した。私の出芽ペアは病気が悪化して、もう片方のダイザラーにも広がった。美しい青の光は光不在で、もう私のことも気づいてくれない。死んでしまったらどうしよう。

ログFf63:9つの太陽全部に祈りを捧げて祝福を求めたが、何も変わらない。私の出芽ペアは健やかな球形を失った。あまり近づくと、私の発光も……弱くなるのが感じられる。まるで私の命が吸い取られるようだ。まだ私を彼らの出芽の源として名づけてくれていない、もう6ターンになるのに。

ログ93:まさかそんなことがあるとは思えなかったが、私も強いられてタイモスの法を破ってしまった。私の出芽ペアは私を欺き、また丸くなったと信じさせた。私が自分の光を広げ包み込もうとしたら突然、肢を生やした恐ろしいものに変身し、私を呑み込もうとしたので、線を切るしかなかった。

ログKRV:私の上半球に不在の光のパッチが広がっているのを私の像が教えてくれた。電気の粉をそのスポットにこすりこんだ。さいなまれていることを他者に気づかれたくないからだ。だが苦に病むことはない、不在の光のパッチに冒されたダイザラーはこの頃多いのだ。聖なる覇者でさえ、上半球に生えてきた肢に包帯を巻こうとしているのを私は見た。

ログ青緑青:聖なる覇者はハウスボウル全員の隔離を解除してくださった。これで我らは好きなだけ地面を歩くことができる。もう他者に近づくのも難しくない。何しろダイザラーに変身できるのだ。彼らが近づいてきたら、不在の光を贈り物として差し出そう。

ログ42hg:真の肢をもつ者たちは、我らの働きに満足している。ダイザラーは死んだ。我らは今、超越者となった。あらゆる生命体、あらゆる存在。もっと消費するべき存在のありかを教えられた。我らはこの殻を脱ぎ捨てる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki